各種選定の技術相談室|TEL:06-6741-4723

メールでのお問合せはこちら

盤・筐体アクセサリー・パーツ.com

設計者のための盤・筐体のハンドル・蝶番・支柱・銅バー・等の選定知識をまとめた技術情報サイト

説明文章-1

防眩・美観のためのハンドル(表面処理)選定について

Before

筺体・盤用のハンドルは、筺体の使用環境に合わせて、表面処理を選定する必要があります。
装飾性、耐食性を備えた金属表面処理の代表例として、クロムめっき処理が広く普及していますが、屋外での太陽光、屋内での照明などによる反射率(光反射性)が大きいです。

改善例

After

クロムめっきによる光の反射(眩しさ)を抑える必要がある場合は、上記のような防眩効果を目的とした、サチライトクロムめっき処理を施した製品の採用が効果的です。
筺体の表面には一般に美観、防食の効果として塗装が施されますが、塗装タイプのハンドルの採用は美観の効果に繋がります。

筐体の設置環境に応じて、表面処理を使い分ける事は重要です。
防眩効果を狙う場合は、サチライトクロムめっき処理を施した製品の選定が効果的です。
美観効果を狙う場合は、筐体と同じ表面処理である塗装タイプの製品選定が効果的です。