各種選定の技術相談室|TEL:06-6741-4723

メールでのお問合せはこちら

盤・筐体アクセサリー・パーツ.com

設計者のための盤・筐体のハンドル・蝶番・支柱・銅バー・等の選定知識をまとめた技術情報サイト

説明文章-1

作業性向上・手直し工数削減のための蝶番選定について

Before

<円形穴付の蝶番>

ボルトで締結する蝶番セットの場合、筺体側に円形穴をあけますが、正確な取付け位置を設けることが重要です。

改善例

After

<楕円形穴付きの蝶番>

楕円形穴付きの蝶番の場合、取付穴位置のずれが多少発生しても、調整がしやすい楕円形穴になっているため、作業性の向上や手直し工数削減に繋がります。

金属筺体の扉開閉に使用される蝶番を楕円形穴付きの仕様に選定することにより、筺体側に蝶番をボルトで締結・取付けする際、取付穴の位置が多少ずれていても、調整しやすい形状のため、作業性を向上し、手直し工数を削減することが出来ます。