各種選定の技術相談室|TEL:06-6741-4723

メールでのお問合せはこちら

盤・筐体アクセサリー・パーツ.com

設計者のための盤・筐体のハンドル・蝶番・支柱・銅バー・等の選定知識をまとめた技術情報サイト

説明文章-1

補強とコストダウンのための蝶番選定について

Before

<一般型蝶番>

蝶番とは、金属筺体の扉が開閉できるようにする部品ですが、扉の荷重や取付環境などにより、蝶番の変形や歪みが発生することがあるため、金属筺体の開閉作動がスムーズに行かない場合があります。

改善例

After

<補強型蝶番>

補強リブ入りの蝶番を採用することにより、荷重負荷に対する蝶番の強度がアップします。
荷重負荷による蝶番の変形や歪みなどを防止することができるため、開閉問題を改善することが可能となります。

金属筺体の大きさや重量、取付環境による荷重負荷に合わせて蝶番の数や仕様を選定する必要があります。
補強型蝶番を採用することにより、開閉作動の改善とともに蝶番の数を減らすことができるため、コストダウンに繋がります。