各種選定の技術相談室|TEL:06-6741-4723

メールでのお問合せはこちら

盤・筐体アクセサリー・パーツ.com

設計者のための盤・筐体のハンドル・蝶番・支柱・銅バー・等の選定知識をまとめた技術情報サイト

説明文章-1

工数削減のためのボス選定について

Before

<一般溶接式のボス>

一般的に丸ボスや角ボスなどを金属筺体に取り付けるためには、通常の溶接工程が必要となります。作業者によっては、溶接位置のズレが発生する場合があります。

改善例

After

<スタッド溶接式のボス>

スタッド溶接の場合、専用のスタッドガンにスタッドボスを取り付けてスイッチを入れると、短時間で溶接が行われる方式で、位置決めが正確にでき、手直しが不要のため、大幅に工数を削減することができます。

金属筺体に取り付ける丸ボス・角ボスは一般的な溶接作業が必要となり、作業者による溶接品質にバラツキが発生しやすいですが、スタッド溶接式の仕様を採用することにより、正確な位置決めや作業性アップ、手直し不要なため、製作工数が削減できます。