各種選定の技術相談室|TEL:06-6741-4723

メールでのお問合せはこちら

盤・筐体アクセサリー・パーツ.com

設計者のための盤・筐体のハンドル・蝶番・支柱・銅バー・等の選定知識をまとめた技術情報サイト

説明文章-1

美観と工数削減のためのボス選定について

Before

清潔感が必要な施設内では、使用される設備や機器なども良い外観が求められています。
金属筺体内に使われる一般溶接式のボスは、溶接を行ったことによって筺体の裏面に溶接ひずみが発生し、外観が悪くなることがあります。

改善例

After

専用のスタッドガンにより、スタッド溶接が可能なスタッドボスの場合、安易に溶接作業ができ、溶接後の外観もきれいに仕上がります。
また、筺体の裏面には溶接ひずみが発生しにくいため、追加の仕上作業が不要となります。

良い外観が求められる金属筺体の場合、外観がきれいに仕上がる溶接方式とその部材を選定する必要があります。
スタッドボスを採用することにより、溶接後の溶接ひずみを押さえ、外観がきれいに仕上がるため、追加仕上の工数を減らすことができます。