各種選定の技術相談室|TEL:06-6741-4723

メールでのお問合せはこちら

盤・筐体アクセサリー・パーツ.com

設計者のための盤・筐体のハンドル・蝶番・支柱・銅バー・等の選定知識をまとめた技術情報サイト

説明文章-1

コストダウンを実現する銅バーの“長さ”の選定のポイント

Before

配電盤や制御盤の設計時に選定される銅バーの基準は、流れる電流容量(A)となるため断面積(幅×高さ)が最も加味される傾向にあります。
そのため、銅バーの“長さ”は加味されることがすくなく、盤全体のコストアップにつながっています。
中でも、メインブレカーに接続される銅バーは比較的断面積が大きく3相では3本必要になるため、銅バー自体の“長さ”を最適にすることが必要でした。

改善例

After

標準的な母材(購入時)銅バーの“長さ”寸法を把握しておくことで、最適な銅バーの“長さ”を設計することが可能になります。
特に“長さ”が600mmを超えてくる銅バーが必要となる場合は、1本の母材銅バーからでは3相に必要な銅バーが3本揃えることが難しくなります。
設計段階から上記表の獲得本数と歩留り率を考慮することで、従来の銅バーのコストが1/4削減することができました。

制御盤や配電盤を製作している盤メーカーは、母材から銅バーを切断して使用しています。市販の銅バーの長さは1000mm・1250mm・1660mmが一般的であり、メインブレーカに使用する銅バーは歩留り率が良くなる長さ、且つ3本とれる長さに設計することで、銅バーのコストを大幅に削減することができ、制御盤や配電盤のコストダウンを実現することができます。
※長さが600mmを超える銅バーを使用する場合は、取れる本数と歩留り率から長さを選定するとコスト削減につながります。